2007年5月15日 (火)

掘り出しもの

もう一ヶ月くらい前の話なんですがまだ書いてなかったようなので

最近GPU各社はDirectX10(DXX?)対応でラインナップ一新中です。なので、ショップではこれまでの在庫品が処分価格で売られています。先日、近所のPC-DepotでAsusの7950GT512MBが29,800で売ってました。だって、奥さん、つい数ヶ月前まで4万円以上したボードがにっきゅっぱですよ、気がついたらカードを手にレジに立っていました。
家に帰ってセットアップしました。Nvidiaのボードの絵が汚かったのも今は昔。以前に組み立てたX2 3800+に入れたのですがとりあえずはお蔵入り。

2007年4月22日 (日)

燃える想い

SLネタではありません。よって外人さんとアバンチュールとかそういった話でもありません。

実は、最近GPUからピーピー音がしていたのです。管理ソフトで見ると温度が90℃近くになっているので当然ですね。
こりゃイカンと思いPCを掃除したのですが、全然改善されないわけです。しかし、昨日無事原因追求および対策が完了しました。
つまり、前回PCのバックパネル側の噴出し口は埃を取ったのです。今回は吸い込み側を掃除しました。つまりですね、ファンの上側が開いているボードをよく見ますが、ウチのはそういった形ではなく、メモリ側から吸ってGPUの上を通り、バックパネルに噴出す形になっているのです。そして、新鮮な空気を吸えないから温度が下がらなかったということのようです。

めでたしめでたし

2006年11月 6日 (月)

天災は忘れたころにやってくる

金曜日の朝に突然PCが起動しなくなりました。

とはいえ、現在使ってない方のPCだったので放置していたのですが、どうやら自然復旧しそうにないので修理することにしました。
というわけでまず診断です。スイッチを入れるとファンが回ります。が、音はなにもなし、画面もなにも出ず。
蓋を開けてみるとCPUのファンは回っています。ディスクはスピンアップしているような気配はするのですが、確認する方法はありません。そして、CDドライブはボタンを押しても扉が開きません。どうやら電源がイカれているようです。

近所の(といっても車で20分)のPC Depotで電源を買ってきました。が、まだ換装はしていません。ま、今日にでもやってみます。

2006年8月22日 (火)

新PC

番外編

今日は延長メンテがあるためEVEはお休みです。事前に分かっていたので2nd用に使っているPCをアップグレードすることにしました。
構成は

  • Athlon64 X2 3800+
  • どっかのMicroATXマザー(単に安かった)
  • DDR2-667 ノーブランド1GBメモリx2
  • HGST 250GBHDD(/w SATA 3Gbit)
  • クロシコ X1600 256MB

といった感じです。
今の旬はE6600なのになんでAMDなのかとか、そういうところに突っ込んではいけません。どのみちE6600は高くて買う気がしないけど、 3800+になったのは、ConroeをちゃんとサポートしているというMBは高いから。PlemiunたらDeluxたらに2万も3万も出せません。じゃAMDかということになるのですが、4200+などなどは単に品切れだっただけです。
なぜにSocketAM2なのにDDR2-800ではないのかとか、そういうところに突っ込んではいけません。800は高くて買うのがバカらしかったからです。
ということで予算よりかなり安く、おチープに、だけどデュアルコアでキメてみました。
やっつけ仕事感満載です。

それでも、これまで使っていたAthlonXP1700+にあちこちから寄せ集めた768MBメモリ(もちろんノーブランド)よりははるかに快適なはずです。

余談
最初に組み上げて火入れしたところ、スイッチを押してもうんともすんとも言わずかなり焦りました。が、落ち着いてリセットスイッチを押したらあっさり起動。ええ、配線ちがってますね。これ以外は怖いほどトラブルも無く快調に動いております。CPUは定格で57℃。もう少し電圧を下げたいところです。