« 2011年11月 | トップページ | 2013年3月 »

2011年12月

2011年12月25日 (日)

EeePCでHoneyComb

x86版の4.0がビルドされたという話を前回書きました
ICONIAの前面ガラスを落として割ってしまったこともあって我慢できずEeePCを買ってしまいました。
(ICONIAは角から落ちた衝撃で前面ガラスの端が割れました。が、機能はしています)

さて、x86版のHoneycombですが、これもandroid-x86のサイトにあります。EeePCの方はというと、いつものようにアマゾンで調達しました。amazon扱いの1011PX(N455、3セルバッテリ)ではなく、1015PXのWiMAXなし(N570,6セルバッテリ)がマーチャントで安く出ていたのでそっちにしました。

そして、USBメモリを作ってブートして。が、しかしカーネルの起動画面は出るのですがHoneycombの画面にはなりません。もしやと思ってandroid-x86のサイトからandroid-x86-3.2-RC2-asus_laptop.isoをダウンロードして動かしたところこれが大当たりでした。
画面もちゃんと出るし、無線LANも使えます。

ただし、インストーラの関係でまだHDDにインストールしていないのですが。どういうことかというと、EeePCは購入時点でCドライブ、リカバリ、Dドライブ、EFIの4パーティションにHDDが分割されています。Dを消してここに入れようとしたのですが、3.2RC-2付属のインストーラのfdiskがこの領域を割り当ててくれないのです。メッセージからの想像ですが、インストーラのfdiskはchsトランスレーション前提の開始セクタを希望しているらしく、Windows7がつくるMB境界ぴったりの領域には割り当てを行いません。
HDDを取り換えることも考えたのですが、3.2がちゃんと使えるようになるまでの間windowsに戻すたびに交換するのは面倒なので今は必要なときにUSBからブートしています。

EeePCにはデバイスとしてPC接続するためのUSBポートがないので画面のハードコピー等が取れないので画面を紹介できないのが残念ですが、ふつうに3.2です。Androidマーケットにはつながりませんが、独自マーケット用のアプリがついています。

最終的にはWiMAXがつながるといいなと思っています。が、ネットワークのドライバやテザリング関連が入っているかも不明なのでソースからビルドしないといけないかなぁという感じでのんびりやっています。

2011年12月 8日 (木)

x86版ics

少し前の話ですが、Android4.0(Ice Cream Sandwitch)と3.2のソースが公開されました。

それを受けてAndroidをx86に移植するプロジェクトからバイナリが公開されました。

現状、4.0はdevel、3.2はRC2というステータスです。

さて、このバイナリですが、LiveCD(isoファイル)で配布されています。
しかし、インストールするだけのためにCDを焼くのは面倒ですし、ネットブックやタブレットにインストールするにはUSBメモリの方が楽でしょう。

ということでUSBメモリからブートできるようにしてみました。備忘録もかねてここに書いておきます。

用意するもの

  • Windowsが動くPC
  • 仮想CDソフト(Alchol52%を使用しました)
  • syslinux
  • USBメモリ(256mb程度で十分ですが、手元にあった1GBを使用しました)

すること

  1. まず、USBメモリをフォーマットします。ごく普通にfatでクイックフォーマットするだけでOKです。
  2. android-x86のサイトからダウンロードしたisoファイルを仮想CDにマウントします
  3. CDの中身を1.でフォーマットしたUSBメモリにすべてコピーします。
  4. USBメモリ内の\isolinux\isolinux.cfgを\isolinux\syslinux.cfgという名前でコピーします
  5. syslinux.zipをkernel.orgからダウンロードし、展開します。私がダウンロードしたのはsyslinux-4.04.zipでした。
  6. syslinnux.exeを使用してUSBメモリにブートレコードを書き込みます。
    具体的には、<展開したディレクトリ>\win64\syslinux64.exe -mad isolinux <USBメモリのドライブ名>
    を実行します。(64ビット版Windows7を使った場合)
  7. <展開したディレクトリ>\com32\menu\vesamenu.c32でUSBメモリの\isolinux\vesamenu.c32を上書きします

以上でブート可能なandroid-x86が入ったUSBメモリのできあがり

ちょっと前のノートでbootしてみましたが4.0のbrazosネイティブはデバイスがないためかうまくディスプレイが映らないようでした。別に最新版のこだわりはないので3.2が使えるならネットブックをandroidに入れ替えて(もしくはデュアルブートにして)使うのはありかなぁと思っています。なんだかんだ言っても、ソフトキーボードでメールなどの文章を入力する気にはなれないので。

« 2011年11月 | トップページ | 2013年3月 »