« WHS2011 | トップページ | 不動産の登記へ行ってきた(2) »

2011年9月30日 (金)

不動産の登記(所有権登記名義人変更)へ行ってきた

突然の再開の上、なぜか、不動産の話です。

不動産の名義人変更という手続きをしにいってきました。

どういうことかというと、今、マンションに住んでいるのですが、このマンションは区画整理地の中にあって、区画整理事業中に建ったので、購入したときの番地と現状の番地の名前が変わっているのです。

土地の名前とか筆の登記は区画整理組合でやってくれたのですが、持ち主の住所だけは自分で変更手続きをしなければいけなかったのです。

まず、役所に行き、町名番地変更証明書という書類をもらいます。これは申請書を紙に書いて提出すれば無料でもらえます。

そして、登記申請書を書いて法務局へ行きます。

登記申請書というと、難しいのではないのかとか、資格が要るのではないかと思う人がいるかもしれませんが、自分の不動産の手続きをするなら資格は要りません。司法書士というのはあくまでも他人の申請の代行をするための資格です。
そして、申請書ですが、法務局のサイトへ行けば書き方の例がダウンロードできるのですが、平たく言うと、普通にパソコンが使える人なら何の問題もなく作れる書類です。

私の場合、ワードパッドで内容を打ち込み、いったんPDFにして、あいにくプリンタが故障していたのでネットプリントというサービスを使ってコンビニで印刷し持参することにしました。

(つづく)

« WHS2011 | トップページ | 不動産の登記へ行ってきた(2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60027/52873540

この記事へのトラックバック一覧です: 不動産の登記(所有権登記名義人変更)へ行ってきた:

« WHS2011 | トップページ | 不動産の登記へ行ってきた(2) »