« 地震(2) | トップページ | ひとまず完成 »

2011年3月17日 (木)

震災随想

ここのところ電車が動いていないので会社には行っていません

で、Androidを黙々と作っているのですが、そっちのほうは主にバグとりなのであまり提供できる話題がありません。

地震ですが、原発が大変なことになっているようですね。ここは原発から100kmちょっとあるのでしょうか、まぁ、ここまで影響があるなら日本中どこもだめなので気にしても仕方がないでしょう。

被爆、という点では、心臓止まりそうになったことがある身としては、まぁ、人生そういうこともあるよね。という感覚です。心臓の血管がつまるとカテーテルという針金を入れて治すわけですが、針金の入り口は足の付け根か手首です(必要な針金の太さでどこから入れるかが違います)。
で、どこを通っているかは外からは見えないので、X線で様子を見ながら通していきます。
ええ、レントゲン写真のX線です。それを当てっぱなしにするのです。よくテレビで言っている、年間の被爆量とかはあくまでも検査に使うための限度であって、今にも死にそうな人にはそんなものは関係ありません。レントゲンは一瞬出すだけですが、こっちは出しっぱなしです。何倍かなんて考えるだけ無駄です。針金が心臓まで届くと、血管をさらによく見るために造影剤という薬品を(血管に)入れます。察しのいい方はお気づきでしょうが、これがヨウ素です。ヨウ素には放射線を吸収する性質があって、陰になるからよく映るのです。検査する前にね、後遺症出たりするかもしれないとか、色々かいた承諾書という書類にサインします。でも、これまた今すぐお迎えが来るかもしれないひとにとってはただの紙です。でも、そこら辺に飛んでる放射性物質からの放射能のために飲むのはどうなんでしょうね。リスクのほうが大きいんじゃないんですかね。

そんなこんなでここ数年間で3回ほどカテーテルをやり、今出回っている放射線なんて目じゃない量を浴びて、ヨウ素も結構取り入れたと思います。それでも今のところ影響は出ていません。ま、なるようになりますよ。

« 地震(2) | トップページ | ひとまず完成 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60027/51146430

この記事へのトラックバック一覧です: 震災随想:

« 地震(2) | トップページ | ひとまず完成 »