« 地震 | トップページ | 震災随想 »

2011年3月13日 (日)

地震(2)

前回のあらすじ

東京のオフィスで一晩すごし、24時間かけて帰ったきたところは自己中のスクツだった。

13日10時ころ (つづき) パン屋はあきらめて、隣のホームセンターに行く。バーナーの着火材とホワイトガソリンを補充したかった、というのもあるが、まず、店は駐車場は満車。屋上なら空きがあるとアナウンスされているほどの大混雑。その人たちが何を目当てに来たのか見たかった、というのが本音。キャンプ用品コーナーのうちでもガスボンベだけは略奪にあったような有様でものがない。目的のものは(最近はガソリンのバーナーなんてはやらないのか)売っていないようなのであきらめて帰ることにする。ちなみに、他の人たちはというと、トイレットペーパーや、灯油をたくさん抱えている人をよく目にする。うーん、オイルショックからぜんぜん学習してないじゃんか。仕方ないので街を散歩する。飲食店は断水のため休み、その他の店舗は危険だから休み。街はほとんど機能してない。駅へも行ってみたが、そこで見たのは、代行バスという人間押し寿司製造機。そりゃ、2000人以上を時速100km以上で運べる電車の能力を100人かそこらしか乗れないバスで代行なんてそもそも無理ですがな。今日は連絡通路にはロープを張ってなかったが、駅舎には説明の駅員が2人いるだけ。ええとさ、オレが昨日買ったグリーン券の払い戻しはいつやってくれるのかな?そして、運休の掲示と代行バスの案内。どうやら、あの押し寿司製造機は600円とるらしい。駅員が他の人に運休の理由を説明している。線路が曲がっているとか。しかしさ、取手までは動かせたわけで、その先は電車さえ片付けない理由は何なの?

13日12時ころ とりあえず、飯を炊く。冷蔵庫を見たら納豆があった。まぁ、非常事態なわけで、あったかい飯がくえれば文句を言ういわれはない。けど、パンを買えなかったので、このままだと明日も納豆定食になってしまう(明日は月曜で、会社はやってるはずだけど、なにせ、電車が家の前に乗り捨ててあるような状況なので、出社するのは無理。休む前提で行動中)。ホームセンターとは反対側にある、スーパーへ行くことにする。ここも、混んでいる。なんか、やけに米を買ってる人が目に付く。中を回ると、調理品はガスが出ないからということでコーナーお休み以外は普段とそれほど変わらない。が、野菜だとかだれも見向きもしてない。私といえば、普通に売り場を回る。大粒の女峰がうまそうだったので、買う。肉類はというと、鶏肉はほとんどなし、豚や牛もひき肉や、薄切りの、調理に手がかかるようなもの以外はほとんどなし。牛の肩ロースを安売りしていたので牛丼でも作ることにして、たまねぎを一緒に買う。帰りがけに、隣の花屋を見てみると、ちょうどつぼみがいっぱいになったジャスミンを売っていたので一緒に買って帰ることにする。米やらトイレットペーパやら大量に抱えた人が車に荷物を積むなか、リュックサックと片手にジャスミンの鉢ぶら下げた中年男が歩いていく様はなかなかシュールだ。

13日15時ころ 防災無線から、給水を開始したという案内が放送される。けど、このあたりはまだのようだ。まぁ、水がなければビールを飲めばいいじゃない。ということで、どうせ車は動かさないし、ビールを飲むことにする。この間買った、今年最後の琥珀エビス、まだ飲まずに残っているのでそれにする。

13日20時ころ なにかトイレで物音がするとおもったら、タンクに注水する音だった。給水が始まったらしい。これで、電車以外はほぼ正常とおり。散歩の時に駅で見た様子だと、どうやらJRは1週間程度は回復させないかもしれない。どうせ余震でまたレールが曲がるんだから、落ち着くまで電車はあそこに路駐しておくつもりなのだろう。切符切られることもないし。そうなると、会社にはいけないけど、まぁ、いいや。

(気が向いたらつづく)

« 地震 | トップページ | 震災随想 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60027/51111256

この記事へのトラックバック一覧です: 地震(2):

« 地震 | トップページ | 震災随想 »