« 中華PadとEthernet | トップページ | 地震(2) »

2011年3月13日 (日)

地震

ようやく身の周りが落ち着いたのでこれまでにあったことをメモ代わりに書いておきます

11日15時ころ 会社にて。突然ビルが揺れる。2度目の揺れでビル外へ退避するよう案内が放送される。(しかしね、中に居るほうが安全だよ。鉄骨造のビルが倒壊するような事態なら、外はビルから降ってきたガラスの破片と燃える自動車の地獄絵図だよ。)外に出たものの、することはない。とりあえず、コンビニでお金を下ろしておくことにする。いざとなったら、キャッシュカードなんてただのプラスチック片にすぎない。

11日17時ころ 帰宅してもいいという連絡があったので、帰宅できるものなのか調べてみる。電車。ほぼ全部止まっている。首都高、いつものように6号線は渋滞してるものの、三郷から先は一部規制(速度規制?)だけらしい。とりあえず、目の前にある総武線は動く気配もないので、運転再開を期待して上野に向かって歩くことにする。。さすがに、自宅まで60kmを夜中に歩く気にはならないが、上野に向かえば何とかなるのではないかと思って歩き出す。

11日20時ころ 道をすこし間違えたこともあって上野に着いたのは出発してから2時間以上後だった。しかし、上野駅はシャッターを降ろして閉鎖されている。当然、あたりのホテルは既に満室。こんなことなら、道中で宿を確保しておけばよかった。しばらく策を練ってみたが、いい案は思い浮かばない。近くにある、自社の別オフィスに行くことにする。

11日21時ころ オフィスに着いた。入るには身分証明書が要るらしい。自分は当然入れたけど、かなり寒くなっているのに、コンクリートの上で行き場もなく座っている人を気の毒に思いつつ、でも、なにもしてあげられずビルの中へ。(こういうときくらいビル開放すればいいんじゃないの?)椅子を並べて夜をすごす。

12日6時ころ テレビで、電車が7時から動く予定という報道があったので上野駅へ向かう。が、一向に電車が動く気配なし。線路上に止まっている電車を駅まで移動させているといっている(え?電車止まってから12時間以上、なにもしてなかったの?)

12日9時ころ ようやく最初の電車が動く。しかし、当初、我孫子までしか行かないとアナウンスされていたが、取手まで行くという。途中まで行ってもしょうがないと思って並ばなかった。でも手遅れ。で、次の電車に乗るための列に並ぶ。が、当初、通常の3~5割といっていた輸送能力は、実際は1時間に1本の電車を動かしただけ。次にきた電車に乗るが中は当然スシ詰め。気分悪くなる人続出。なんとか寿司になる前に取手についた。

12日12時ころ 家に帰るためにタクシー乗り場に並ぶ。が、タクシーは待てども待てども来ない。駅にお迎えに来る自家用車で駅周辺は渋滞していて、結局だれもたどり着けない。そして、たまに取手以北から(取手から上り電車に乗るために)客を乗せてきたタクシーも来るが、駅のタクシー乗り場の客は乗せない。たぶん、鑑札がないから。しばらくウロウロして、並んでない客を拾うかして、去っていく。そして、たまに鑑札を持ったタクシーが戻ってくる、が、延々待っていたはずの人は、自分が乗れれば十分、と一人だけ乗り込んでタクシーはまた去っていく。結局、10人ほど前の人が相乗りを誘ってくれてそれに乗って帰ったのは16時ころ。自宅近くの駅で車を降りる。駅は連絡通路さえロープで閉鎖していた。近くのラーメン屋でラーメン食べて帰る。

12日17時ころ 家についた。棚に積み上げたCDが床に散らかっている以外は、特に大きな変化はなし。想像していた状況のうち、一番軽度。CDを積みなおして(?!)平常とおり。と思ったが、停電したらしく、PC類はいろいろ止まっている。ガス、電気は来ているが、水道は断水している。え、さっきのラーメン屋はそんな風ではなかったけど。PCの電源を入れるが、インターネットは接続できない。親類へ生きてるとだけ電話して、今日はさっさと寝ることにする。

13日6時ころ 一応、各部屋を回って、ドア、窓の類が開閉できることを確認する。庭にでると、なんと、外の線路に電車が乗り捨ててある。もしやと思って近くの踏み切りに行くと、踏み切りは電車が塞いでいる。ふざけるなJR。もう、丸1日以上経っているのに、電車10m動かすこともやってないのかよ。インターネットの情報によると、水道は給水再開作業中で、近くの小学校に給水車が居るらしい。リュックサックに水筒を入れ、自転車こいで小学校へ行く。が、そこにはポリタンクをたくさん抱えた人たちが。え?煮炊きに使う水があれば十分じゃないの?案内の人が、学校の水道から水を汲んでいいと教えてくれたので、ポリタンクの列には混じらず水筒に水を満たす。途中、どこのガソリンスタンドも売り切れで閉店だった。どうやら、パニックになってスタンドに押しかけたらしい。その、貴重なガソリンでやることといったら、使いもしない水を溜め込むこと。それ、おかしくないか?

13日8時ころ 状況が悪化した時に備えて、ガスのランタンとバーナー(料理に使うコンロね)の確認をする。バーナーはどうも火の勢いがよくない。やっぱり、気化器が詰まってるらしい。一度、焼いてつまりを取らないといけない。ランタンは快調。とりあえず、沸いたお湯でコーヒーを淹れて飲む。なんか、鳥がいつもよりたくさん居る気がする。

13日10時ころ 散歩がてら、いつものパン屋に行くことにする。自家製のパンを売っていて、高めだけどおいしいから毎週買っている。ああ、やってる。と思うが、中に入るとすごい人。そう、コンビニを食い尽くした人達が押し寄せている。とりあえず、明日は定休日だけど空けてくれることを期待して今日は家で米を炊くことにする。明日になれば輸送も水道も回復し、あの人達はどこかもっと安くで食を提供してくれる施設へ行ってくれるだろう。

(つづく)

« 中華PadとEthernet | トップページ | 地震(2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60027/51110729

この記事へのトラックバック一覧です: 地震:

« 中華PadとEthernet | トップページ | 地震(2) »