« 砂場遊び | トップページ | 地震 »

2011年3月 7日 (月)

中華PadとEthernet

今日は雪でした。

日中に降ったにもかかわらず、北関東のこのあたりでも数センチ積もりました。

さて、中華Padネタです。

実は、私が持っている中華PadにはUSBのAコネクタが付いています。ここにイーモバイルなとが出しているUSB型の通信アダプタをつないで使うのが目的のようで、サイトにも3Gアダプタが使えると書いてあります。そのほかに普通にUSBメモリも認識できます。どうやら、キーボードもつながるようです。(試してはいません)

さて、今回のネタは、ここにEthernetアダプタつないだらどうなるの?です。

それが、動くんです。まぁ、動くと使えるの間には結構な距離がありますが。

今回試したのは、PlanexのNE200TX-G2というアダプタです。往年の名機、NE2000を彷彿とさせるネーミングです。まぁ、たぶん名前のとおり、NE2000コンパチのチップをUSBドライバにくっつけたものでしょう。実はNE2000現物も持っていたりするのですが、NE2000といえばISAなアダプタなわけです。DMAなどとは無縁の、のどかな時代の製品です。その上、NE2000はストリング命令でスピードを稼ぐ構造になっているのですが(今では当たり前ですが、その当時は画期的でした)USBを経由すればストリングもへったくれもありません。つまり、このアダプタも動くには動くのですが、かなり遅いです。それでもやっぱり、日本においては認定を通ってない無線LANは違法無線局なわけで、堂々と通信できるというのはメリットがあります。

Linux 2.6.29あたりでWiMax(IEEE802.16)もサポートされたはずなので、実はWiMaxのUSBアダプタもうごくんじゃない?と思っているのですが、さすがにこれはだめもとで試すというわけには行きません。貸し出しをしてくれるようなので、時間ができたら借りてみようかなと思っていますが。(貸し出しはエリア内かどうかを試すためのものらしいですが、堅いこといいっこなしで)

なお、USBポートにアダプタを差すと、構成変更が起きてすべてのアプリが止まるようです。お試しになるときにはご注意ください。

ひさしぶりにアレ、行ってみたいとおもいます。そう、Amazonのアレ。でも、中華Padに低速Etherアダプタ。こんなアフィリエイトばかり書いてるから売り上げないんだよね。

« 砂場遊び | トップページ | 地震 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60027/51060562

この記事へのトラックバック一覧です: 中華PadとEthernet:

« 砂場遊び | トップページ | 地震 »