« ListViewの下のView | トップページ | パブリッシャーになった日 »

2011年2月13日 (日)

骨折り損のくたびれ儲け

最近、作業用のPCをシャットダウンしようとしても待機中になってなかなかシャットダウンできないことが多くりました。

Eclipse、Evernote、ChromeやIE8複数枚、最近はお絵かきのためのPaintShopなども開いていることがあるので、止めるのが大変なのは分かるのですが、起動時にchkdskがかかることもままあり、ちょっとまずいかな?という状態になってきました。

アプリつくりがひと段落したので、思い切ってVirtualBoxを動かしていたマシンにWindows7のディスクだけつなぎ変えて、9350e+6GBmemoryで動かすことにしました。最近はFedoraに現役を譲って半隠居状態だったので。

作業用のPCには460GTXが載っていることもあって、電源は今のものを維持する必要があり、Diskを差し替えれば済むとは行かないところが作業をややこしくしています。

2台のPCのフタを空け、マザーボードを取替え、GPUを挿して、Diskをつないでできあがり。
というと簡単そうですが、最近は暗いところで基盤のシルクなどの小さい時を見るのはつらいです。ぶつぶついいながら、ようやく完了。

しかし、SafeModeにしてもdiskのドライバを読むところでフリーズします。まぁ、しょうがないですね、MBのチップセットが別ものなので。じゃぁ、修復セットアップ、と思いインストールDVDから起動するのですが、DVDを読み終わったところで、インストールの選択が現れずにDiskのOSをブートしようとします。(そして、当然固まります)

うーむ、プロダクトキー転用のプロテクトなのでしょうか。しかし、OSをブートしないようにしようにももう一台もばらしてあるのですぐには動かせません。

結局、構成を元に戻すことにしました。戻す途中でメモリスロットが1本いかれたらしく、起動時にブザーがピーピー鳴ります。あいにく、Win7のPCはスロットが2本しかないので、1本使えないと1GBに減ってしまいます。さすがに1GBはつらいので、6GBのうちの2GBのDIMMを一本転用して2GBに変更します。今日はロクなことが無い日です。

« ListViewの下のView | トップページ | パブリッシャーになった日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60027/50860690

この記事へのトラックバック一覧です: 骨折り損のくたびれ儲け:

« ListViewの下のView | トップページ | パブリッシャーになった日 »