« つくるJukebox(2) | トップページ | 初めてのアプリケーション »

2011年1月10日 (月)

ヨーダの教え

Do, or do not. There is no try.

いい言葉ですね。でも、今回ばかりは教えに背いてしまいました。

なんの話かというと、Andriodチュートリアルの虫とりがようやく終わりました

起動すると、突然アプリケーションが強制終了させられていました。表示してる関数の中をいろいろ調べたりしていたのですが、ソースレベルで追うだけではどこが悪いかさっぱりわかりません。

やっぱり、デバッグは動いているプログラムに聞くのが一番ということでtry-catchやら、Log出力やらいろいろやって、結局のところTextViewのidからクラスを作っているところが悪いらしいというとことまではたどり着きました。

ええ、やっぱりtry-catchは必要でした。ヨーダ先生、ごめんなさい。

じゃぁ、なんでfindViewById()が失敗するかというと、なんと、rayout.xmlの中のTextViewのidのタグがandroid:idではなくてandroid.idになってました。(コロンとピリオドの打ち間違い)

うーん、レイアウトエディタって、中のデータの検証はしないの?それとも私がエラーを見落としたのかな。

まぁ、そんなこんなで、寄り道したけどその分収穫はあったのでよしとしましょう。

« つくるJukebox(2) | トップページ | 初めてのアプリケーション »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60027/50550199

この記事へのトラックバック一覧です: ヨーダの教え:

« つくるJukebox(2) | トップページ | 初めてのアプリケーション »