« Birth of the Boots(ブーツの誕生?) | トップページ | 年越しうどん »

2010年12月30日 (木)

KVMセットアップ:SELinux編

ようやくKVM環境を作り始めます。

しかし、最初からいきなりつまづきました。Virtual Machine ManagerがKVMと通信できません。KVMがオープンしているUNIXドメインにアクセスできるよう権限設定すればいいということなので、libvirtd.confのunix_sock_group=にwheelと書いて自分をwheelグループに入れたのですが、やっぱりアクセスできません。とりあえず、理由は後で考えることにして、リモートコネクションで自分自身を指定してsshでつなぐように構成しました。

インストールメディアを用意するのですが、これはWHSからCIFSマウントします。fstabを書き換えて、マウントして、コネクションからDetailを選択して、Storageのタブをあけます。
そして、追加のボタン(左下の+記号のボタン)を押してマウントしたディレクトリを指定すればokと思いきや、いきなりAVCがお出迎え。つまり、アレです、cifsのファイルにはSELinuxのラベルが無いのでエラーになっているようです。

SELinuxのメッセージによれば、booleanを設定せよとのことなので、SELinux Managementを開いてbooleanの項目からvirtというモジュールに属しているbooleanを探します。なにやら、nfsをマウントする、cifsをマウントする、という項目が見つかるので、今後使いそうなものも含めてチェックを入れます。

Kvmselinux

ついでに、cifsはroでマウントするようオプションも書き換えて、いざ、インストール。とりあえず、Fedoraを入れてみます。今度は順調なようです。
そして、ものは試し、Windows7を評価用DVDからインストール。こっちも無事終わりました。

KVMの動作は確認できたので、VMのセットアップは一時保留にして、SPICEを先に動かしましょう。

つづく。

« Birth of the Boots(ブーツの誕生?) | トップページ | 年越しうどん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60027/50441499

この記事へのトラックバック一覧です: KVMセットアップ:SELinux編:

« Birth of the Boots(ブーツの誕生?) | トップページ | 年越しうどん »