« FedoraとAHCI(2) | トップページ | KVMセットアップ:SELinux編 »

2010年12月30日 (木)

Birth of the Boots(ブーツの誕生?)

昨日の夜、Amazonからメールが来ていた。

中には、未発送だったMBが入庫したから送ると書いてあった。

千葉の倉庫を出たことになっているので一日で(つまりこれを書いている今日30日に)届きそうだ。

今日は寒いし、掃除はやめてマシンの組み立て。まぁ、外回りはもう大してすること残ってないし。案の定、黒猫さんは10時過ぎにはやってきた。

今VistaでVirtualBoxを動かしているマシンに寄生していたHDDを抜いて別のケースへ。マザーを組み付け。

SB750でポートマルチプライヤが使えなかったので、PCIeのアダプタを発注した。それも一緒に組み立てて火を入れる。

CPUやメモリ、HDDは何のトラブルもなく動いた。しかし、PCIeのボードは認識しない。正確にはPCIeにホストアダプタがあることは認識されているけど、ミニポートドライバというのか、デバイス用のドライバがロードされない。どうやら88SE9123というのはまだドライバがないらしい。ドライバのディレクトリにmarvellというモジュールのあったから期待してたんだけど。

うーん、ASRockのSATA3カードはハーフサイズのブラケットついてなかったから急遽、載せるケースを変えたのに、こんなことならはじめからハーフサイズのケースにすればよかった。でも、もうMBを載せかえる気がしない。面倒くさい。

仕方ないので、SATAポート用のブラケットを付けてコレガの外付けケースとつなぐ。しかし、ポートマルチプライヤが動くんだけど、エラーになって5回のリトライ後になにも認識せずにプローブは終わってしまう。

いいや、RAID0で。ということで箱を開けて設定を変える。4TB全部ext4にフォーマット。広い部屋は気持ちがいい。

ということで入れ物はできたのでKVMを再セットアップすることにする。それは、別エントリで。

« FedoraとAHCI(2) | トップページ | KVMセットアップ:SELinux編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60027/50440951

この記事へのトラックバック一覧です: Birth of the Boots(ブーツの誕生?):

« FedoraとAHCI(2) | トップページ | KVMセットアップ:SELinux編 »