« リニューアル | トップページ | Android day2 »

2010年12月23日 (木)

Android初日

Androidはじめることにしました。

どうして、という話はとりあえず省略。

とりあえず、年末までに1本アプリを作って動くようにする。が、現在の目標です。マーケットで儲けようとか大胆な計画はないのですが、すくなくとも、形のあるものを作り出すことができるようになっておきたいと思います。

何事も最初が肝心です。まず、AndroidアプリといえばJavaということでEclipseをインストールします。こんなこともあろうかと、Eclipseの本は買ってあったので、それを開きつつ、Eclipseを使ってプログラムを作ります。やはり、最初はHello Worldでしょう。早速テキストを見つつプログラムを完成させます。
って、入力したのは1行だけど。そして、実行する。コンソールにHello Worldと表示されました。

次にAndroidのSDKをインストールです。サイトからダウンロードして、インストーラを動かす。しかし、ここで問題が。インストーラがJDKを入れろという。ということでダイアログに表示されたボタンを押して、JDKをダウンロードする。使ってるOSは64bit版のWindows7だけど、Eclipseは32bitのプログラムなのでJDKも32bit版を使う。

さて、Eclipseにプラグインを追加するわけだけど、ここで早くも壁にぶち当たります。当初、日経Linux11月号の”中高年中高生のためのAndroidアプリづくり”という特集記事をみてEclipseを設定していたのですが、これはFedoraプラットフォームに使うことになっていて、そのとおりzipファイルを読み込ませようとしても、zipが見当たりません。

日経Linuxはあきらめ、Google先生に質問するとhttp://www.javadrive.jp/android/install/というサイトがヒットします。これ見てセットアップすることに変更。とりあえず、ウチのWindows7は64bitだけど、Javaは32bitだし、Eclipseもちゃんと動いたし、メモリは2GBしか積んでないので気にせず進めます。
しかし、なぜかhttps://dl-ssl.google.com/android/eclipse/からダウンロードするジョブが進行中0%のまま。どうやら、PATHに追加するディレクトリが間違っているらしい。android-sdk-windows\toolsにはadbというプログラムはない。タスクマネージャを見るとadb.exeはplaftorm-toolsというフォルダにあることになっている。c:\Program Files (x86)\Android\android-sdk-windows\platform-toolsを追加したらうまくいった。

とりあえず、要件および依存関係を計算してるらしいので、買い物に行って、残りは午後やることにする。

さて、PCをサスペンドから復帰させ、プラグインを設定して、Android版Hello Worldを作成します。いろいろつまづいた点はあるのですが、最大の難関は、”Androdのエミュレータは起動がものすごく遅い”ということでした。
いくら待っても画面が変化しないので、どうしたのかな?と再度実行させたり、いろいろするわけですが、そうすると今まで実行中だったAndroidエミュレータのセットアップとか、アプリのインストールが再初期化されて、というループになっていつまでも実行できませんでした。

5分くらい待ったでしょうか、めでたくHello Worldが表示されて、今日のレッスンは終了です。

Androhello

« リニューアル | トップページ | Android day2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60027/50374805

この記事へのトラックバック一覧です: Android初日:

« リニューアル | トップページ | Android day2 »