« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

Vultureへの道(4)

読み返してみると(3)は一年近く前です

遂にVultureに乗れるようになりました。最近EveMonを見てVultureのPlanが無しになっているのに気が付いたというくらい忘れていましたが。

さて、次はどうしましょうか。

2008年5月11日 (日)

働けど働けど

T2 Rig作ってウハウハ計画の続報です

結局のところ、T2な敵が出るのは2つのミッションだけです。”Pile of Pithix”と”Beware they will”。で、後者は最初ミサイルバッテリーが、続いてFGタイプが4機程度沸くだけなのであまり収穫を期待できません。前者は最初にCLx2、FGx3がPOPするのでそこそこRig部品が集まります。

そんなことを繰り返してようやく3つのRigを製造しました。以前にも書いたGravity Capacitor UpgradeとPolycarbon Engine Housingです。(前者は2個)
意気揚々とJitaへ持っていったのですが、結論として、Jitaで売るのは無理です。いや、Jitaのマーケットに張り付いていれば売れるかもしれません。が、the Forgeを出てしまうと競争相手が値下げしたのに対応できないので結果としてうれません。ダブ付いているというか、まぁ作ってる人が言うのはなんですが高すぎて需要が細いのが原因でしょう。

とりあえず、材料を買って作っているわけではないので資金がショートすることはありません。のんびり構えていきましょう。

2008年5月 2日 (金)

Eramにて

CoreComplexionでひたすらミッションしています

牛を運べといわれれば運び。ダンサーをつれて来いといわれればシャトルでひとっとび。ゴミを捨てて来いといわれればどこまでも捨てに行き。
そうやって努力した結果がMemoryArgumentStandard 3個です。今回の遠征では5-8回のImportantをこなす予定で半数の4回分のKerniteを持ってきました。しかし、くるImportant MissionはすべてKerniteをもってこい。その上くれるものはMemory Implantばかり。
仕方ないので明日一度Tash-Murkomに帰ろうかと思っています。

そんな日々のたったひとつの光明はAltのCoreComplexionに対するStandingが2を超えそうなことでしょうか。もう少し近くのエージェントとStarshipEngineeringの契約を結べるかもしれません。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »