« ご招待 | トップページ | 土地の行方 »

2007年2月28日 (水)

スクリプト覚え

現状のLSLの仕様についてのメモ

・所有者でなければオブジェクトをアバターにアタッチすることはできない。
・置いてあるオブジェクトをDropすると位置がずれるが、床に落ちるわけではない。
・llDialog()で出力できるメニュー項目は10個まで。メニュー項目の長さは24文字まで。

アタッチですが、どうにもインベントリを探してアイテムを使うのは面倒なので置いてあるものを手に持つ感覚で使いたいと思い試してみました。とりあえずpermissionを取ってattachすることはできました。が、戻すのはそのままでは無理で、スクリプト内で位置を覚えておいて戻さなければいけないようです。しかし、位置はあくまでもSIM内の座標しかとれないため、テレポートした後などにそのままllSetPos()してしまうのは問題があります。
そして、所有者でない人はpermissionは取れるのですが、attachしようとしたとたんにrumtime errorになります。

« ご招待 | トップページ | 土地の行方 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60027/14076572

この記事へのトラックバック一覧です: スクリプト覚え:

« ご招待 | トップページ | 土地の行方 »