« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月30日 (火)

一日一善

いえ、一日一真です。

真実の本が採れる話は既報のとおりなんですが、最近ウチからデスパイスへ行って一冊でたら帰ってくるというパターンになっています。未消化のBODが溜まっています。停滞中ですね。

2007年1月23日 (火)

IBMの冷蔵庫

日曜日の散歩レポートの続きです。つまりはネタ切れです。

今住んでいる土地の地面があまりにもさびしいのでちょっとした東屋でも建てて、これまたちょっとしたbarカウンターでも置こうかと思い探し物をして歩いていた時のことです、サーチウィンドウにKitchenと入れると何故かIBM SIMの名前が。どういうことかと思っていってみるとそこにはSearsの冷蔵庫が。つまり、こういうことです。IBMがSearsからSLでのプロモーションを請け負ってIBM SIMに3Dカタログを設置しているのです。ふーん、IBMは12もSIM買ったと思ったらそういう使い方するんだ。しかし、本当にはやるんでしょうかねぇ。ちなみにテレポートで飛び込んだはいいものの、ビルから出る方法が分かりませんでした。各階の移動は矢印の形のテレポーターがあるのですが、ビルからは歩いて出るということのようです。

2007年1月22日 (月)

冬の午後に

最近LL(とその腰巾着)がマスコミに沢山投げ込みしたおかげでしょうか、日本人が増えています。商業的な日本人居住区というものも出現しました。とりあえず行ってみることにします。SIMの名前はakibaやikebukuroといったベタな名前です。
64Km2を16区画にして賃貸しているようなのですが、akibaの方は結構埋まっています。しかし、コレ著作権クリアなの?ってものがそこかしこに。現状はどっちかというとビジネスというより砂場遊びですね。
そして次はNagaya。ここはSIMではなくてMaingridの一区画です。着物など色々な店と建物自体を売っています。建物のつくりが小ぢんまりとしているのでカメラ移動が非常に窮屈ですが、いい雰囲気を出しています。まぁ、京都がモデルだそうなので京都をよく再現してるといえばそうなのでしょう。しかし、私はこの家に住むのはちょっと。
散歩ついでにNissanのSIMに行って見ました。なぜか最初のテレポート地点が水の中です。そして、外に出て巨大な自動販売機から車をもらいます。とりあえずパスワード(というかパスナンバー)を入れる必要があるのですが、すぐ近くに書いてあるので特に入手が難しいということはありません。しかし、選択を間違ったためグレーの車が出てきてしまいました。赤がよかったのにな。そして、車に乗ろうとしたのですが、Sitしたら消えたので家に帰りました。家でインベントリ見たらありましたが。家の前の道路でrezさせて乗り込むと、物理モデルが変な具合に適用されていてとても乗りづらい車でした。いや、SL世界で乗り物乗るのは大抵不便なので飛ぶ方が圧倒的に便利です。

こうして作成意欲が減退した冬の日曜日は過ぎていきました。

真実の本

またしてもイベントです

いや、内容からしてイベントじゃなくてずっと続くかもしれません。ブリタニア各地のダンジョンでモンスターを狩ると真実の本というアイテムを入手することができるというイベントです。
その本はどうするのかというとライキュームのNPCがアイテムと交換してくれます。4種類のアイテムがあるらしいのですが、その中でもオルゴールのギアというのが気になっています。
早速家のすぐ近くにあるお手軽ダンジョンデスパイスへ行って見ました。週末の日課であるトカゲ君の革集めのついでに本もゲット作戦敢行です。早速騎士でハルバードをブン回し、寄ってくるトカゲ君たちをなぎ倒して皮にします。しかし、バックパックがいっぱいになっても本は影も形も見えません。フェイムが関連する、フェルッカの方が出やすいということなので、トカゲ君から本が出る確率は非常にひくいのでしょう。その後、皮を家に置き再度トカゲ君の皮をバックパック一杯まで集めましたがやっぱり本は出ませんでした。
次はダスタードでドラゴンですかね。もちろんトランメルで(軟弱)。

2007年1月18日 (木)

お疲れ様でした

どうやら今回は無事メンテナンス終了した模様です。

関係者の皆様お疲れ様でした。

2007年1月15日 (月)

売り時

最近になって気が付いたのですが

今、メインのアカウントには50kL$以上キャッシュがあります。しかし、日常生活で10kL$以上が必要になるのは土地を買うことくらいです。そして、土地は今のところ買う予定はありません、というより、バカらしくてあんな高い物は買えません。
そこで、L$を売ってアカウントの支払いに充てることにしました。今のレートだと20kL$程度も売れば年払い分のUS$ができます。使い道のないキャッシュを持っているよりよほど有意義な使い方といえるでしょう。それ以上売っても現金化するのは面倒なので残りはL$のままです。現金を手に入れるにはpaypalのアカウントがあれば安い手数料ですむのですが、そうでないと小切手で送金となってしまい、手間も手数料もバカらしいです。そして、今のところpaypalを開設するつもりはないですしね。

まぁ、SLのサービスが後一年続くかという問題は残るのですが。どうも、DeadENDに向かって驀進しているように思えてなりません。最近のLLの動きは。

大当たり

ここのところの寒さも手伝って裁縫バルクばかりやっています。

先日もブレスdeedを完成させたことはお伝えしましたが、さらにもう一枚ブレスをもらいました。そして、昨日は待ちに待ったBルニ大口。布団にもぐりこんでチョキチョキした甲斐がありました。何しろ、落ちてるものも拾って作ってます。

振り返るとそこは

そろそろアカウント停止して半年になります。UOはマンネリ、SLも作りたい欲は一段落。ちょっと巨大掲示板をのぞいてみたりしたのですが、どうも最近は人が増えてはいるものの、古参との間に軋轢があるようです。
ま、もう少しUOでまったり釣りでもしますか。

2007年1月11日 (木)

オープンソース化

巷には色々ニュースが溢れています

その中にSecondLifeのクライアントソフトであるViewerがオープンソース化されたというニュースがありました。
まぁ、なんでも只といわれるとバカみたいに歓迎するやつらはどこにでもいるのですがそういうやつらは置いといて冷静に分析すると、どうもLinux版の作成を放棄したということのようです。
SLのクライアントは正式版としてWindowsとMacOS、Alpha版としてLinuxがあるのですが、Linux版はかなり開発期間が経過しているにも関わらずAlphaのままです。ソースを公開することでこの開発を手放すことがオープンソース化の真意のようです。英文のニュースリリースは読んでいませんが、各種メディアが伝えるLLからのメッセージを要約するとどうもそういうことのようです。

例によって儲けが薄いところの切り離しなので多分日本語版も同じような詭弁を振るってくれるでしょう。

2007年1月 5日 (金)

革算用

さて、総資産20,000,000gpとなってしまった話の続きです

なにしろ、小切手にしてしまうと20個のアイテムになってしまうので現金化できないでいます。お金にしてしまうとインフレの波をかぶって資産が磨り減っていくということもあります。が、なにしろDEED本に入っていれば1アイテム換算なので20倍になるのはとても困ります。
そこで思いついたのが現在約7,000,000gpで取引されている転送トークンに交換して、シャードめぐりをするという案です。ついでにアイテムやらスキルやらを交換して、生活を豊かにできたらという発想です。なにしろメインには秘薬低減が何セットもあるのに、他ではまだ秘薬持ち歩いていたりするし、魔法GM超が何人もいるかと思えばこっちでは未だ70台だったりするわけです。そういうのをぱぱっと組み換え、転送して平均化できればいいかなというのが根底にあります。
ただ、問題なのは開始はAsukaでなくてはならず、メインに行きたいのはSakuraのキャラだったりするのですが。

運試し

お正月イベントの神社に行ってきました

FortuneTellerが居たので早速占ってみると、武勇がふげふげ(内容失念)といってました。どうでもいいようなことだったので覚えていませんです。
そして、こっちが本当の運試し、BODを引くとなんと、またしてもBルニ大口なるものを引き当てました。正直言ってこれで4枚目総額20mです。さすがにbeetleに入れて出歩くのが怖くなってきたのでこの4枚だけを別に分けてバンクに入れることにしました。ええ、またAsukaです。メインのMizuhoではさっぱりでないのにこの差はなんなのでしょうか。

取らぬ狸の皮算用とはいえメインシャードの数倍の資産というのはちょっと考え物です。お金があっても買いたいものはないし、なによりそのお金を保存しておくスペースがありません。

そこで思いつくのがこのBODを換金して、gpで転送トークンを買い、キャラクタを再配置するという案です。しかし、現状2個しか手に入らないのでどうしたものか迷っていてまだ実行に移していません。
長くなりそうなので別記事に。

2007年1月 2日 (火)

ご乱心

最近現実世界でなにかと話題の多いSLですが

IBMがオープンしたというSIMを見に行きました。
どうやらIBMというベタな名前らしいのでサーチで探すと、なんと!12個もSIMの名前がリストされます。全部隣接しているのでどうみてもIBMSIMが12あるようです。早速行ってみましょう。
しかし、来て見てびっくり。SIMのほとんどのエリアはSandboxです。IBMが冠スポンサーのSandboxなのでしょうか?どうやら今年31日に事業を始めると言っているので今はプレオープンなのでしょう。そばに汽車(=SLのパロディ?)が止まっています。お世辞にもよく出来ているとはいえない外観ですが。まぁ、はじまったばかりだしそこは眼を瞑って汽車に乗ってSIMを回ります。
しかし、しばらく走ると汽車は空を飛び隣のなにもないエリアに向かい始めます。身動きできなくなったのでテレポートで家に帰りました。が、案内のNotefcardはひたすら送られてきます。こまったちゃんですね。
天下のIBMがこんなことにお金を使うのは正直意外です。12ものSIMといえばレンタルフフィーだけで295$x12の月額3,450$もかかります。年間の維持費は42,480$。SIMの初期費用は1,675$x12で20,100$。人件費も考えあわせるとトータル100,000$くらいの予算なのでしょうか。
ご乱心としかいいようがないです。

2007年1月 1日 (月)

迎春

またひとつ一里塚を越えました。めでたくもあり、めでたくもなし
とはいえ、おめでとうございます。
話題は変わってSL世界の動向です。MidnightCityが改装しました。というといつものリニューアルのようですが、言葉で表せないほどのショックです。暗い町並みとうらぶれた店が並ぶMidnightCityは古参のSIMです。が、昨日行ったら明るい空のしたクリスマスデコレーションがされていました。エスキモーのイグルーとか、造形はすばらしいのですがあの雰囲気はなくなってしまいました。
そして、一番の驚きは島が8個くらい連結されたエリアになっていたことです。いえ、驚いたのは数じゃなくて、隣の島がヌーディストビーチだったことです。
諸行無常を痛感した一日でした。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »