« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月29日 (月)

Innovation

というほど大したことではないのですが、Khanidの最後のCorpにアクセスできるようになりました。
研究機関であるKhanid Innovationです。ここはR&Dエージェントが2人の小さなCorpですが、BPOの抽選がCorpごとに行われるなら、こんな辺境の小さなCorpもいいかなと思っているわけです。研究するためにはStandingが必要なのですが、ここは小さいだけあってLv1のエージェントが全くいないのです。したがって、最低LvのエージェントにアクセスするためにはFactionのStandingを上げなければいけません。

これまでもImportant missionはやっていたのですが、どうも上がりが悪かったのです。ところが週末くらいからモリモリ上がるようになり、Lv2のエージェントにアクセスできるようになりました。どうも、パッチ以降なんらかの変化が起こっているようです。

本日のスタンディング

GallenteFederation 3.55
AmarrEmpire 2.29
MinmaterRepublic 1.40
CaldariState 0.41
KhanidKingdom 0.62

2006年5月28日 (日)

本日のスタンディング

現実世界は雨模様で梅雨入り間近です

今日も朝からどんより曇り空。外出するのも億劫な、つまりは絶好のゲーム日和です。

本日のスタンディング
GallenteFedaration 3.54
AmarrEmpire 2.27
MinmaterRepublic 1.39
CaldariState 0.37
KhanidKingdom 0.59

どうも最近ImportantMissionの難易度設定か変わったらしく、Gallente以外のFactionもImportantでもらえるStandingがおおくなりました。そのため、Khanidのstandingが増えたのでKhanid Innovationでmissionこなしてます。Corp単体のスタンディングをKhanidと同じところまでは上げておきたいものです。今後Khanidが下がってしまったときのために。

2006年5月23日 (火)

新オフィス開設

オフィスをもうひとつ借りました。

別に今のオフィスが手狭になったとかそういうことが原因ではありません。なにしろ、この世界のステーションは物を置くだけならタダですし、オフィスも共有できるハンガー代はとられますが、いくら物を置いても値段は同じです。

ただし、オフィスの値段自体はそのステーションの人気によって上下するようになっています。つまり、借りたいという人が一定数より多いと賃料が倍になっていくしくみなのだそうです。

MinmatarのHemiter regionの端っこに第2オフィスを借りました。本当はその隣りのRensで探したかったのですが、賃料がとんでもないことになっており、とても借りられませんでした。新しいオフィスの賃料は約120kISKです。Ashabのメインオフィスは500kISKくらいなので、たまにしか使わないアイテム倉庫代でもそれほど高くはないでしょう。

Urban Managementという会社のStationにOfficeを借りたのですが、ここにした理由はUrban ManagementはFinancialとDistributionのエージェントが多い上規模が大きくなく、Medical設備があるのでJumpCloneを作る会社として便利だと思ったからです。ひとつのステーションに6人以上エージェントが居るので、仕事を一気にもらって配達ればスタンディングも一気にあがります。ただ、2JUMP先がLowSecなStarSystemで、そこに行く仕事がちょくちょく出るのが難点ですが。そういうときはきっぱり断って別の会社に行きましょう。仕事なんていくらでもあるし、危険手当はでないのですから。
規模が小さいほうがいいというのは大きな会社ほどスタンディングを上げるのは大変な仕組みになっており、単純に8.0になればいいなら小さいほうが早く実現するからです。

Very Good

なにがVeryGoodかというと

スタンディングです。KhanidWorksという会社に対するスタンディングが初めてVeryGoodになりました。

スタンディングは数値で管理されているのですが、その段階ごとに名前がつけられています。0周辺(たぶん0.5から-0.5)はNormal、その上がFine、Good、VeryGoodといった感じになっていてVeryGoodは5.5以上です。まだその上になったことが無いのでその先どうなるのかは今のところわかりません。当然マイナス方向にも階級はあります。Poor、Nominal、それ以後どうなるのかは未踏なのでこれまた不明です。

KhanidWorksのLv4エージェントですが、その後ごく普通のmissionももらうことができ、無事お付き合いが始まりました。ただ、Lv4でもQualityが-17なのであまりStandingや報酬の面でおいしくは無いのですが。

2006年5月17日 (水)

掘り強化月間

すでに月半ばですが

今月は掘り強化月間ということになっています。1stはMining Bargeの習得。2ndはAmarr Industrialのスキルアップが主なテーマです。とはっても前半は船関係のスキル習得を早めるためにLearningばかり上げていたのですが。
今日それがほぼ一段落するのでテーマに沿った内容に切り替える予定です。

2006年5月16日 (火)

本日のスタンディング(5/15)

ここのところDomain周辺をひたすら飛び回っています

そして今日初めてQuafeのStorylineAgentの仕事をもらいました。

Caldariファクションがどんどん下がっています。現地で仕事しないとまずいかな。

GallenteFederation 3.57
AmarrEmpire 2.08
MinmatarRepublic 1.52
CaldariState 0.16
KhanidKingdom 0.11

本日の注目企業 Quafe 2.35

2006年5月 8日 (月)

月例報告

前回からまだ一ヶ月たっていませんがとりあえず、記事を作る気分の時に書いておきたいと思います。

前回の課題としては

研究プロジェクトを増やす
これはまだ途上ではありますが着々と進行しています。40milするスキル本を買い現在3プロジェクトが進行中です。とはいっても成果については予想を裏切らず、まったくありません。

MiningBargeを手に入れる
これも達成しました。とはいっても中型ですが。それでもそれまでのThoraxに比べれば高性能でカーゴ容量も大きいので堀は楽になりました。

ジャンプクローンを作れるようにする
未達成です。

さてさて、残り1件になってしまったので目標を積み増ししたいと思います。

  • ジャンプクローンを作れるようにする
  • Providence(Freighterという荷物をたくさん積める大きな船)に乗れるようにする
  • Bargeを大型にレベルアップ

ただし、Providenceについては2ndにがんばってもらうようにします。まぁ、金額的にいって一ヶ月では無理ですが(なにしろ1bil=10億ISKもするので)
とりあえず、いつお金がたまって船が買えるようになっても困らないようにスキルだけでも覚えておこうと思います。(それでも125milくらい要ります)

とはいえ、最終的には2人でProvidenceを連ねて銀河を飛び回ってみたいものです。ちなみに今いったいいくらくらい稼げるかというと、Bargeで石堀りをするのが一番単価が高くて4mil/hくらいです。ただ、こればかりやっているとスタンディングがぜんぜんあがらないのでミッションをやるのですが、こっちは運がよくて1mil/h程度です。これだけでProvicenceを買うとすると1000時間ほどかかる計算になります。一日3時間プレイだと333日でほぼ一年ですね。再来年の今頃には2台で並んで銀河を旅しているでしょう。

Lv4エージェント

ついにLv4エージェントから依頼をうけられるようになりました。

Khanid Worksへ通いつめ苦節10年(うそ)ついにLv4エージェントがAvailable To Youになりました。早速仕事を聞いてみたのですが、どうやらコロシのようだったのでご丁寧にお断りしました。ええ、殺されるのはこっちですから。

本日のスタンディング
GallenteFederation 3.41
AmarrEmpire 2.14
MinmarterRepublic 1.34
CaldariState 0.24
KhanidKingdom 0.22

2006年5月 5日 (金)

レベルアップ

といっても船の話です。

これまでProbeというフリゲートを主力艦として使っていました。(主力艦と呼ぶにはおこがましい小さい船です)
これはスキルレベルが上がる毎に積載量が増え、スピードが上がる輸送業者には最適の船だからです。
しかし、ミッションの依頼もどんどん規模が大きくなり、Probeでは荷物が積みきれないことが増えてきました。これまでもスキルアップで対応していたのですが、そろそろ限界ということでもっと荷物をつむことができる船に交換することにしました。
Gallente連邦製のExequrorです。いや、船そのものは以前から持っていたのですが、大きな船は重いので動きが鈍く、結果こなせる仕事が減るのであまり使っていませんでした。
乗り換えを決意したのはNavigationスキルが充実してきて重い船でもそれほどデメリットを感じなくて済むようになったことも一因ではあります。

本日のスタンディング
変化ありません。

2006年5月 3日 (水)

里帰り

といってもリアルの話ではありません。
(ここはそういうことは書かないブログです)

この世界に入ってすぐ、まだ右も左もわからないころにとりあえず掘ってお金をためていたあのころに活動の拠点だった故郷に帰ってみました。しばらく腰を据えてミッションやろうかと思ったことと、どうもDomainのAshab近辺はMinerが多くてアステロイドは取り合いの状態です。
ところが、帰ってびっくり。こちらも似たような状況でした。1ヶ月前に再開したときにふらっとよった際にはこんなにアステロイドを掘りつくされてなかったのですが。

仕方ないのでまた移動することにしました。ジプシーです。

本日のスタンディング(5/3)

ほとんど変わっていません

というのも、もらえるImportant MissionがKillばっかりだからです。週末からずっとKhanidで少し掘ってはミッションを受け、を繰り返していたのでKhanidWorksのStandingがCorpのリストの先頭に きました。補正抜きで4.00。でも、Importantは全部Killだったのでキャンセル。スタンディングに変化はありません。失意のうちにAshabに帰ってきました。
そして、ついにクーリエキターと思ったら赤いところをまたいで輸送するミッションでした。GenesysのMih Constlationです。ええ、PKの名所らしいです。ということで迂回ルートを選ぶと29Jump!!

その結果
GallenteFederation 3.34
AmarrEmpire 2.11
MinmaterRepublic 1.31
CaldariState 0.24
KhanidKingdom 0.21

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »