« 開店準備 | トップページ | プレビュー »

2005年9月11日 (日)

インターナショナル

SLをやっていると世界が広いことを実感します

ひとつは言語であり文化です。

もうひとつは時差です。

時差については以前も少し話たので今回は言語と文化について。

LindenLabは現在インターナショナルにSLを展開しようとしています。日本、韓国、ドイツが現在の対象です。私自身は日本地区の開発プロジェクトに参加していないので現在日本地区がどうなっているかは全く分かりません。

しかし、そういったお墨付きの無い、住人が自発的に作った都市はあちこちにあります。Parisは3つのsimからなる大規模な街です。昨日あちこち巡っていたらロマンチック街道のような街並みがありました。simの名前がドイツ語風だったので正確な名前を覚えていないのですが、街の名前もドイツ語、表示もドイツ語、流れるBGMもドイツのもののようでした。そして、今日アムステルダムというsimを見つけました。ただ、街の表示は英語が使われていて、街を建設している人が居たのですが、その人が話しているのは英語でした。しかし、ヨーロッパ風の石畳の素敵な街です。

そして、私が住んでいる土地の周りもどんどん住人が増えてきました。最初に土地を手に入れた人がそこを売り、今住んでいる人はほとんどここで何かしら事業をするために居る人のようです。うちの隣にあった2区画の土地が今日になったら売れていて、早速家が建ちました。そして、反対側の2軒先にも大きな家が建ちました。たまたま、家で服を作っていたらその家の主が挨拶に来てくれました。イヤー英語よくわかんないんだよね、と言ったら返ってきた言葉が”International”でした。どんどんにぎやかになってくるのはいいことですが、あまり人が増えて家に帰れなくなってしまうようなことがあると考え物ですね。

« 開店準備 | トップページ | プレビュー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60027/5896601

この記事へのトラックバック一覧です: インターナショナル:

« 開店準備 | トップページ | プレビュー »